2016年6月30日(金)
ジャンボ!アフリカ
〜ケニアの子ども達とアフリカン太鼓〜

18425362_1266727976759906_5125772887022500847_nケニアの首都ナイロビから徒歩15分ほどにある
東アフリカ最大のスラム街「キベラスラム」。強制撤去、火災などの多くの困難を日々乗り越えて、
そのスラムで暮らす人々やたくさんの子どもたちは
今をどういった思いで日々を生きているのか。
アフリカに深い関わりを持つ、早川千晶さんよりお話していただきます。

そして、アフリカン太鼓「ンゴマ(ジャンベ)」から奏で
力強いアフリカの音楽!
ケニアの精霊と共に暮らす「ドゥルマ民族」の村で太鼓を極めた
大西匡哉さんが数種の太鼓を持ちいり演奏していただきます。

… アフリカでの実状から、音楽までを是非体感しにきてください!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 開催概要 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【日 時】 2017年6月30日(金)
開場18:45/開演19:00/終演21:00
【場 所】 トライバル・アーツ (名古屋市天白区 中平 1-501‎)
【入場料】 1,500円(中学生以下無料)
【定 員】 30名
【主催・問い合わせ】
Cocoagora(ココアゴラ)担当:加古
MAIL : cocoagora@gmail.com
【申込方法】 下記のURLより、お申込をお願いいたします。
https://goo.gl/IYXHH1
※お申込が確認できましたら、「受付完了メール」を後日送らせていただきます。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ゲストプロフィール  ◆◇◆◇◆◇◆◇◆
○早川千晶(はやかわちあき)さん
ケニア・ナイロビ在住のフリーライター。
「ウペポ~アフリカの風ネットワーク」発起人。
1987年世界放浪の旅に出発し、アジア、ヨーロッパ、 アフリカ各国を旅した後、
1990年にケニア・ナイロビに定住。
ケニアで旅行会社に9年間勤務し、旅の企画や撮影コーディネーター後、
1999年にフリーランスになる。
現在は執筆活動のかたわら、ナイロビ最大級のスラム・キベラでの
ストリートチルドレンのための駆け込み寺「マゴソスクール」の学校運営、
スラム住民の生活向上プロジェクト、平和運動、大自然体験ツアー、
アフリカの面白さを日本に伝えるイベントの企画、
マサイのコミュニティが行うエコツアーのサポート、
フェアトレード促進活動などを行っている。
2005年からは、ミリティーニ村にジュンバ・ラ・ワトト(子どもの家)を 設立運営を開始(児童数30人)。
1999年から日本全国各地でアフリカトーク&ライブのツアーを毎年行っている。
ミュージシャン・大西匡哉と共に設立した「JIWE」 「マイシャ・ヤ・ラハ基金」などをベースに活動中。
2004年JIWE設立。
音楽を通じてアフリカのコミュニティに利益をもたらすCD制作を行い、
「キベラスラムの子どもたちの歌声Vol.1,Vol.2」 「センゲーニャ~東アフリカの伝統音楽」 「マサイ」をリリース。
2009年から大西匡哉・永松真紀と共に
ドキュメンタリー「マサイのいま~伝統と変化のはざまで」の制作を開始。
2009年4月、マゴソスクールの子どもたちと共に「マゴソTV!」の制作を開始。
著書 「アフリカ日和」(旅行人) 「輝きがある。~世界の笑顔に出会う旅」(文化出版社) エコロジー月刊誌 「ソトコト」 季刊 「旅行人」、朝日新聞などに連載中

○大西匡哉(おおにしまさや)さん
1974年生まれ、神奈川県出身。パーカッショニスト。
ジャンベを独学、ストリートミュージシャンとして
日本全国のファンを引き付けてきた。
藤沢出身の人気ロックバンド「らぞく」に
新しい風を吹き込んだパーカッショニストとしても活躍中
2004年からケニアのミジケンダ・グループに属する ドゥルマ民族の村で、
伝統音楽家マテラ・マサイ、 アフリカの伝統音楽家と
そのコミュニティを サポートするためのプロジェクトJIWEを設立。
知られざる伝統音楽の発掘、CD制作に取り組んでいる。

コメントは受け付けていません。