2016年3月19日(土)
「虹の戦士語り」
&「じぶこん」ライブ

12705179_887042701394438_5460593617905031413_n

3月19日(土)
《時間》開場17:30〜/開演18:00〜
《料金》2,500円
《予約/問合せ》 052-848-3433(トライバル・アーツ)

坂口火菜子の語りとじぶこんの音楽によるコラボレーション企画。

インディアンが信じ続けてきた再生への物語。

ーーーお前のハートが正しければ
お前を傷付けるようなものは何もないーーー

▽虹の戦士
地球が病んで動物たちが姿を消し始める時、
まさに その時、みんなを救うために 虹の戦士があらわれる。
… (インディアンに古くから伝わる言い伝えより)

この諺がもとになって生まれた物語と言われています。
この現代社会の中で、私達は本当に・・・ 何かを得て、
同時に何かを忘れてきたのでしょうか?

この物語はインディアンに古くから伝わる物語で、
1991年に北山耕平さんにより翻訳されました。
もともと「スピリットの帰還」と訳されたこの物語は、
カナダ最大の先住民族クリーの国にかつて居た 「火の瞳(アイズ・オブ・ザ・ファイヤー)」と呼ばれる老婆が残した予言。
現代を生きる一人の少年が、自分の中に眠る『何か』の存在に気付き、探す旅。
現代に『諦め』さえも見ていた老婆と共に・・・。

虹の戦士 Site facebook
https://www.facebook.com/%E8%99%B9%E3%81%AE%E6%88%A6%E5%A3…/

▽坂口火菜子(さかぐちかなこ)・語り担当

芝居、ちょっとしたカフェ経営、イベント主催などをしながら地球を旅する。
パフォーマンスのツアーで訪れたカナダで出会ったインディアン・クリー族の人達を第二の家族と感じ、 2007年から毎年交流を続け、クリー族からサンダンスという祈りの儀式に参加を許され、 また、ウーマンズセレモニーという儀式を日本人として正式に受け継ぐ。
現在、北山耕平氏翻訳の『虹の戦士』という物語に乗せ、
彼らから受け取ったメッセージを伝える語りライブを国内外で展開中。
毎年共鳴する人達に呼ばれ全国数十ヶ所以上でライブを行う。
2014年夏からはサンダンスの儀式に日本から参加者を募り、旅を企画。
大事な人達と地球の平和、そして調和した世界を求め、
独自のアンテナを張りながらそれに反応し、共鳴し続ける。

H.P.  http://firena.jugem.jp/
Twitter  http://twitter.com/#!/kanakosakaguchi

▽じぶこん
2001年ゆう子と辻岳春にて結成。
ゆう子の伸びやかな「歌声」と辻岳春のリズミカルな「ギター」で織りなすグルーヴとサウンドを核に、オーストラリア先住民の木管楽器「ディジュリドゥ」や
「インディアンドラム」、「鼻笛」、アフリカの太鼓「ジャンベ」、モンゴルの歌唱法「ホーミー」なども巧みに用い、一見相反すると思われる「日本の言葉と調べ」と「伝統的な民族楽器」を見事に融合させた新たなジャンル「トライバルポップス」を確立。

アースディ・愛知万博など数々のイベントに出演し、
2008年から沢山の人達との繋がりを求め全国ツアーを開始。
ライヴハウスだけでなく、cafe・ギャラリー・お寺・キャンプ場・ ビニルハウス・結婚式・介護施設・など活躍の場を広げ、年間に約100本のライブを行う。
1st[じぶこん]・2nd[ともえ]・3rd[音の惑星]のCD完売に続き、
2009年発売の4thアルバム[地軸の珠]も完売となるが
リマスター版として2012年に再版。
2015年にはじぶこん初となるシングルCD[じぶこん音頭]と
2枚組ベスト盤CD[ペンタプリズム]を発売。
また、2010年からは「虹の戦士」の語りLIVE(語り部・坂口火菜子)では
音楽を担当し新しい活動もスタート。

じぶこんライブスケジュールはこちら
http://www.jibucon.net/
facebook
https://www.facebook.com/jibucon19670401/

コメントは受け付けていません。